写真

6割以上が国会を「信頼していない」と答えた

日本の有権者の6割超が国会や政党を信頼せず、半数近くが日本の将来を悲観視しているとする世論調査の結果が2019年7月16日に発表された。こうした傾向は20~30代の若者の現役世代に顕著で、この世代では3分の1~4分の1が、投開票日が7月21日に迫る参院選の争点について「わからない」と答えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング