ケーブル焼損の火遊び少年に5100万円損賠提訴

読売新聞 / 2019年7月19日 17時53分

火遊びのために起きた火災で送電ケーブルなどが焼けたとして、関西電力が、京都市に住む少年(16)を相手に、約5100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。少年側は19日の第1回口頭弁論で請求棄却を求めた。 訴状によると、少年は中学2年だった2016年10月2日夕、京都市内の河川敷で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング