京都アニメーションの第一スタジオに放火した男は、自分も火ダルマになり、約100メートル走って逃げて倒れた。まだ足に火がついていたのを、住民が水をかけて消したが、男は「話しかけるな」などとふてぶてしい態度で、追ってきた警察官が尋問しても、「パクられた」とか「パクリやがって」とか怒鳴っていたという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング