期日前投票15日間で1417万人…最多更新か

読売新聞 / 2019年7月20日 20時48分

総務省が20日に発表した参院選の期日前投票に関する第3回中間状況によると、公示翌日の7月5日から19日までの15日間で、計1417万2236人が選挙区選の投票を済ませた。 期日前投票を済ませた人の数は、公示前日の選挙人名簿登録者(有権者)数の13・3%にあたる。今回よりも選挙期間が1日長かった2016年参院選の第3回中間状況より、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング