参院選、投票始まる…22日未明には大勢判明へ

読売新聞 / 2019年7月21日 7時0分

第25回参院選は21日午前7時、全国で投票が始まった。即日開票され、22日未明には大勢が判明する見通しだ。 改選定数は3増え、124議席(選挙区選74、比例選50)を争う。非改選の121議席と合わせ、選挙後の参院定数は245(同147、同98)になる。比例選では、得票に応じて各党派に配分される議席の範囲内で優先的に当選する「特定枠」が導入された。 7月4日に公示され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング