鶴竜、白鵬倒し7場所ぶり6度目の復活V「名古屋というのは本当にうれしい」2年前は進退問題も

スポーツ報知 / 2019年7月22日 8時0分

◆大相撲名古屋場所千秋楽○鶴竜(寄り切り)白鵬●(21日・ドルフィンズアリーナ)1敗で単独トップに立っていた鶴竜が、1差で追う白鵬との横綱対決を制して、昨年夏場所以来6度目の優勝を飾った。場所前から深刻な腰痛に苦しんだが、過去3年連続で休場していた“鬼門”の名古屋で初めて賜杯を抱いて感無量。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング