【巨人】今季初の同一カード3連敗…鬼門突破の難題は持ち越しに

スポーツ報知 / 2019年7月22日 8時0分

◆広島2X―1巨人=延長10回=(21日・マツダスタジアム)巨人が敵地マツダスタジアムで広島にサヨナラ負け。今季初の同一カード3連敗を喫し、2度目の4連敗となった。先発した桜井が7回1失点と好投したが、打線は9回1死満塁を逸するなどチャンスを生かせず。同点の延長10回1死満塁、4番手のマシソンが鈴木に右前打を浴びた。今季の広島戦は4勝9敗1分け。マツダでは2勝6敗1分けと苦手意識が払拭できずにいる。詰まらせた打球は無情にも外野の芝で弾んだ。1―1の10回1死満塁。マシソンは鈴木に内角直球を右中間へ運ばれ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング