父親のクレーン車にひかれ、小2女児が死亡

読売新聞 / 2019年7月23日 11時43分

23日午前7時半頃、新潟県南魚沼市の住宅兼建設会社の敷地内で、同所に住む小学2年の女児(7)が、父親(43)が運転するクレーン車にひかれ、搬送先の病院で間もなく死亡した。 南魚沼署の発表によると、同社役員の父親はクレーン車を車庫から出す際、前方にいた女児をひいたとみられる。女児は登校するところだったという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング