18・19歳の参院選投票率、大幅低下31%

読売新聞 / 2019年7月23日 19時28分

総務省は23日、今回の参院選挙区選の18歳と19歳の投票率(抽出調査)を公表した。18歳は34・68%で、19歳は28・05%と2割台にとどまった。18歳と19歳を合わせた投票率は31・33%となり、全体の投票率48・80%を17・47ポイント下回った。 前回2016年参院選の46・78%(全数調査)からも15・45ポイント下がった。「18歳選挙権」が導入されて初の国政選挙となった16年参院選に比べ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング