中国軍が4年ぶり、国防白書発表…米の軍事政策を批判

読売新聞 / 2019年7月24日 11時17分

【北京=中川孝之】中国軍は24日、「新時代の中国の国防」と題した国防白書を発表した。 白書では、米国の軍事政策が「世界の戦略的安定を損なっている」と批判した上で、中国が南シナ海で進める軍事拠点化について、「必要な防御的な能力の配置を行っている」と説明した。沖縄県尖閣諸島の周辺海域で続く中国公船の進入については「法に基づき国家の主権を行使している」とした。台湾の統一に向け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング