猫の爪除去したら虐待…手術禁止法がNY州で成立

読売新聞 / 2019年7月24日 12時36分

【ニューヨーク=橋本潤也】米ニューヨーク州で22日、猫の爪の除去手術を禁止する法律が施行された。飼い猫が人や家具をひっかいて傷つけないようにするため、手術で爪を除去する飼い主に対し、虐待行為との批判が出ていた。 6月に州議会が可決した法案にクオモ州知事が署名し、即日施行された。治療などの例外を除き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング