写真

対照的な球歴の2人が正捕手争う(イメージ)

1年後の2019年7月下旬から開催される東京五輪に向け、侍ジャパンで注目の一つに挙げられるのが正捕手争いだ。広島・会沢翼、巨人・小林誠司、阪神・梅野隆太郎ら好捕手がいるが、正捕手に最も近い存在として、西武・森友哉、ソフトバンク・甲斐拓也の2人の名が挙がる。パ・リーグのあるスコアラーは「投手との相性もあるでしょうが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング