偏見だとわかっているが、連続ドラマにおいて真木よう子が主演するとつまらないものが多い。筆者は彼女を好きでも嫌いでもないのに、このジンクスは未だに続く。今回は指令室で画面を見ながら指示を出す重要な室長・橘ひかり役で、異様に耳が鋭く、犯罪の現場とつながった場面で、被害者の背後の微かな音を聞き分ける。何故真木のドラマがつまらないかといえば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング