熱中症通報したものの、ろれつ回らず覚醒剤発覚

読売新聞 / 2019年8月18日 15時26分

三重県警亀山署は16日、三重県亀山市田村町、派遣社員の男(42)を覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。 発表によると、男は同日午前1時頃、四日市市の病院で覚醒剤若干量を所持した疑い。15日午後11時頃、消防から警察に「熱中症の通報者のろれつが回っていない」と通報があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング