河野氏が意欲「外相専用機」、20年度も予算化見送り

読売新聞 / 2019年8月19日 20時20分

外務省は、河野外相が導入に意欲を見せている「外相専用機」について、2020年度も予算化を見送る方針を固めた。専用機は導入費や維持費がかさむためで、チャーター機を利用するための予算をさらに増額して効率的な外遊の実現を目指す。 同省によると、専用機は機体購入だけで70億~100億円近くかかり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング