自殺高2の母、いじめ内容「顧問は何も答えず」

読売新聞 / 2019年8月21日 9時25分

山口県周南市で2016年に県立高校2年の男子生徒(当時17歳)が自殺した問題で、当時の校長と野球部顧問の教員、現在の校長が20日夜、生徒の自宅を訪れて両親に謝罪した。両親は3人に「二度とこのようなことが起こらないよう、今後の取り組みで示してほしい」と伝えたという。 母親によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング