北の核活動は「継続・進展」…IAEAが非難

読売新聞 / 2019年8月21日 15時44分

【ベルリン=石崎伸生】国際原子力機関(IAEA)は、北朝鮮が過去1年の間に北西部・ 寧辺 ( ヨンビョン ) のウラン濃縮施設など一部の施設を稼働させた形跡があるなどとして、「核活動が継続、進展している」とする年次報告書をまとめた。報告書は19日付で、9月に開かれる年次総会で報告される。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング