県職員「ぶつかりそうになった」…ワイパー曲げる

読売新聞 / 2019年8月22日 11時3分

宮城県警仙台南署は20日、仙台市太白区、県産業技術総合センター副主任研究員の男(44)を器物損壊の疑いで逮捕した。 発表によると男は19日午後4時15分頃、徐行していた車のリアワイパーを折り曲げるなどした疑い。車を運転していた男性(37)が気付いて110番した。男は「車にぶつかりそうになった。自分は悪くない」と話しているという。 県人事課によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング