母?遺体、真夏の車内に5日間放置…一緒に車上生活か

読売新聞 / 2019年8月22日 11時3分

群馬県警太田署は20日、住居不定、無職の女(58)を死体遺棄の疑いで逮捕した。 発表によると、女は15日頃から19日にかけ、軽乗用車の中に母親(92)とみられる女性の遺体を放置した疑い。19日、出身地の太田市内に車を止め、自ら同署に通報した。遺体は後部座席にあり、目立った外傷はなく衣服も身に着けていた。同署が身元と死因の特定を進めている。 調べに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング