70億円相当流出の仮想通貨業者、業界初の「廃業」へ

読売新聞 / 2019年8月22日 19時36分

不正アクセスによって昨年9月、約70億円相当の暗号資産(仮想通貨)が流出した「テックビューロ」(大阪市)は22日、仮想通貨交換業の登録を返上し、廃業すると発表した。金融庁によると、仮想通貨の登録業者は現在19社あるが、登録を返上するのは初めてという。 テックビューロは昨年11月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング