Jリーグ、横浜M―浦和戦のサポーター間トラブルで両クラブに制裁金200万円とけん責処分

スポーツ報知 / 2019年8月22日 16時43分

Jリーグは22日、7月13日の横浜M―浦和戦(日産ス)で一部サポーターの間で起きたトラブルについて、両クラブに対して制裁金200万円とけん責処分を決定した。同試合の開始前、浦和サポーターが横浜Mの定める横断幕掲出禁止エリアに横断幕を掲出したことをきっかけに、横浜Mサポーター約40人がビジター側スタンドに詰め寄り、緩衝エリアフェンス越しで浦和サポーター約20名と揉み合いになった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング