MAX163キロ右腕・佐々木朗希 変化球も怪物級 ブルペンで受けた捕手が語る 「フォークの落差見たことない」

スポーツ報知 / 2019年8月22日 19時57分

「第29回WBSCU―18ベースボールワールドカップ」(30日開幕・韓国)に参加する高校日本代表による国内合宿が22日、都内のグラウンドで始まった。MAX163キロの大船渡(岩手)の佐々木朗希投手(3年)の投球をブルペンで受けたのは、明石商(兵庫)の水上桂捕手(3年)。“令和の怪物”のすごさを練習後に語った。ブルペンでストレート、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング