履正社はなぜ星稜・奥川を攻略できたのか、ナインと監督が明かす要因

スポーツ報知 / 2019年8月22日 20時41分

◆第101回全国高校野球選手権大会第14日▽決勝履正社5―3星稜(22日・甲子園)履正社(大阪)が星稜(石川)を5―3で破り、令和初の甲子園王者に輝いた。履正社は今春のセンバツ、そして6月の練習試合と星稜のエース奥川恭伸投手(3年)を前に、敗戦を喫していた。“3度目の正直”で奥川を攻略できた要因は何だったのか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング