履正社・岡田監督、対話重視が結実…部員11人からスタート「りしょうしゃ」野球部

スポーツ報知 / 2019年8月23日 8時40分

◆第101回全国高校野球選手権大会第14日▽決勝履正社5―3星稜(22日・甲子園)目を赤く腫らしながら、履正社・岡田監督は優勝の味をかみしめた。「本当にうれしいです。夢のようでした。子どもらがよくやってくれた。泣くことなんてないと思っていたけど…」。ナインの手で3度宙を舞い、初優勝の達成感に満ちた表情を浮かべた。1987年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング