「ゲームで負けると泣いて怒る」…星稜・奥川の兄・圭崇さんが語る弟・恭伸

スポーツ報知 / 2019年8月23日 7時8分

◆第101回全国高校野球選手権大会第14日▽決勝履正社5―3星稜(22日・甲子園)星稜(石川)の今秋ドラフト1位候補右腕・奥川恭伸(3年)が強打の履正社(大阪)打線に11安打5失点と打ち込まれ、北陸勢初の夏制覇という夢は破れた。奥川の兄で消防士の圭崇(けいしゅう)さん(24)がスポーツ報知にメッセージを寄せ決勝まで駆け上がった弟の奮闘をねぎらった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング