SIMロック「いつでも解除可能」検討へ

読売新聞 / 2019年9月12日 8時24分

総務省は11日、スマートフォンを購入後、携帯電話会社が一定期間、自社回線しか使えないよう端末を設定する「SIMロック」について、いつでも解除できるようにする方向で見直す検討に入った。実現すれば、端末の購入時から自由に通信契約を選べるようになる。 総務省が、11日の有識者会議で明らかにした。一定の頭金を支払えば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング