千葉南部で悪天候予想…屋根の補修で転落相次ぐ

読売新聞 / 2019年9月15日 22時46分

復旧がまた遠のいた。台風15号の影響で大規模停電が続く千葉県。市町村の多くの地区で停電解消がさらに延びることになり、住民からは15日、失望や憤りの声が相次いだ。長期化を見据え、自治体は住宅のあっせんや避難所の増設など住民対応の見直しを迫られている。 復旧時期の見通しが多くの地区で「16日まで」から「27日まで」と大幅に遅れることになった市原市。同市西国吉の主婦(65)は電気が使えない生活がさらに続くことになった。「忘れ去られてしまったみたい。最近は冷え込んできたので体調が悪化しないか心配」と力なく話した。 君津市の山あいにある山滝野地区は「20日まで」だった復旧見通しが「27日まで」になった。…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング