住宅街にも通学路にも…月に20日、神出鬼没の「異動オービス」

読売新聞 / 2019年9月16日 12時3分

北海道警が5月に運用を始めた新型の速度違反自動取締装置(オービス)によるスピード違反の摘発が8月末までに30件に上ることがわかった。小型で持ち運びが可能な「移動オービス」と呼ばれるもので、幹線道路だけではなく道幅の狭い生活道路にも設置できるのが特徴。“神出鬼没”の摘発がドライバーの速度違反の抑止につながりそうだ。 移動オービスは幅約33センチ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング