レスリング文田健一郎の東京五輪切符獲得に父・敏郎さん「たいしたもの」

スポーツ報知 / 2019年9月16日 21時1分

レスリング世界選手権(カザフスタン)の男子グレコローマンスタイルが16日行われ、60キロ級に出場した文田健一郎(23)=ミキハウス=が、準決勝でイラン選手に勝利。20年東京五輪代表に内定した。父で韮崎工高レスリング部監督の敏郎さん(58)は山梨県内の同部寮でネット観戦。息子の雄姿に「良かった。ホッとしました。たいしたものです」と喜んだ。矢部晴翔主将(3年)も「同じ(韮崎工高の)マットから出た先輩。うれしいですし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング