屋根修理中の転落事故、通電火災…台風の二次被害相次ぐ

読売新聞 / 2019年9月17日 20時54分

台風による大規模停電や多数の住宅損壊があった千葉県では、復旧作業の本格化に伴い、二次的な被害が相次いでいる。消防などは、屋根の修理中の転落事故や停電解消時に発生の危険がある「通電火災」に注意を呼びかけている。 県内では17日正午までに、屋根や脚立からの転落で少なくとも60人が病院に搬送され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング