「中国との目先の利益優先」台湾と断交した島国を米批判

読売新聞 / 2019年9月18日 18時8分

【ワシントン=蒔田一彦】ロイター通信は17日、今月中に予定されていた米国のペンス副大統領と、南太平洋の島国・ソロモン諸島のソガバレ首相との会談が中止になったと報じた。ソロモン諸島が16日、台湾と断交し、中国との国交樹立を決めたことが影響したとみられる。 ロイター通信によると、会談は17日に開幕した国連総会に併せて行われる予定だった。米政府は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング