秋田県警幹部の死亡相次ぐ…官舎敷地内で自殺か

読売新聞 / 2019年9月19日 11時11分

秋田県警の幹部が官舎敷地内で死亡する事案が、8月と今月に2件相次いでいたことが18日、関係者への取材で分かった。遺体の状況などから、いずれも他者がかかわった疑いは認められないといい、県警は自殺とみている。 関係者によると、死亡したのはいずれも50歳代の男性で、県警能代署副署長と由利本荘署に勤務する警部。副署長は今月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング