女性教諭、2歳園児の腕にフォーク先端を押し当てる

読売新聞 / 2019年9月20日 14時54分

鹿児島市内の私立幼稚園で8月下旬、女性教諭が2歳の男児の左腕にフォークを押し当てる指導を行い、園が保護者に謝罪をしていたことが分かった。 鹿児島県子育て支援課によると、夏休みの預かり期間中の昼食時、男児が持っていた幼児用で金属製のフォークが別の園児に当たった。女性教諭は注意するために男児のフォークを取り上げ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング