インフル「極めて異例」まだ9月なのに患者急増

読売新聞 / 2019年9月20日 19時21分

インフルエンザの患者が増え始めている。厚生労働省は20日、9月15日までの1週間に報告された患者数が1医療機関当たり1・17人で、流行の目安となる1人を超えたと発表した。沖縄県が50・79人と突出していることが主な要因とみられ、厚労省は全国で「流行入り」したという表現はしないことにした。ただ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング