少女像、再展示を提言へ…検証委座長が見通し

読売新聞 / 2019年9月22日 15時12分

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」での展示中止問題を巡り、有識者によるあり方検証委員会の山梨俊夫座長は21日、記者団に、「再開しないということにはならない」と述べ、いわゆる従軍慰安婦を象徴する少女像などの展示再開を提言する見通しを示した。検証委は25日に開く会合で中間報告書を公表し、展示再開の可否について検証委としての考えを示す。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング