内縁の妻の息子にけがを負わせたとして、三重県警四日市西署は9日、同県菰野町、会社員の男(33)を傷害容疑で逮捕した。 発表によると、男は8月15日夜頃、自宅で、内縁の妻の息子で小学1年の男児(6)の背中を蹴るなどの暴行を加え、左腎臓損傷の重傷を負わせた疑い。命に別条はなく、すでに退院しているという。 調べに対して、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング