セブン&アイ・ホールディングスは10日、スマートフォン向け決済「セブンペイ」が不正流出した責任を取って、井阪隆一社長が月額報酬30%分を3か月間、返上すると発表した。デジタル部門を担当する後藤克弘副社長も同じく、30%分を3か月間返上する。セブンペイ運営会社の小林強社長は辞任する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング