【ソウル=建石剛】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は10日、「我々の忍耐心にも限界があり、これまでの全ての自制が限りなく続くことはない」とする談話を発表した。核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の再開をちらつかせ、非核化交渉で米国から譲歩を得る狙いがありそうだ。 国連安全保障理事会の非公開会合後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング