台風19号被害を「激甚災害」指定へ…首相方針

読売新聞 / 2019年10月14日 22時13分

安倍首相は14日夕に首相官邸で開いた非常災害対策本部会議で、台風19号による被害を激甚災害に指定する方針を示した。指定されると、地方自治体による復旧事業に対して、国の補助率がかさ上げされる。首相は避難所生活を送る被災者支援のため、予備自衛官などを最大約1000人招集することも明らかにした。 武田防災相は会合後の記者会見で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング