迫る「72時間」、土砂「アリ地獄のように崩れる」

読売新聞 / 2019年10月16日 8時3分

行方不明者の生存率が急激に低下するとされる「72時間」が夜に迫る15日、懸命の捜索活動が続けられた。 神奈川県相模原市緑区牧野では自宅が土砂にほぼ埋まり、行方不明となった60歳代の夫婦の捜索が消防や警察、自衛隊など計約90人態勢で行われた。 「100メートルぐらい下に家が流された」と近隣の住民が119番したのは12日夜。県が13日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング