都内の10代男女がデング熱に…修学旅行の奈良か京都で感染か

読売新聞 / 2019年10月16日 18時25分

東京都は16日、都内に住む10歳代の男女2人がデング熱に感染したと発表した。ウイルスを持つ蚊が媒介するデング熱は海外でかかるケースが多いが、2人は直近の渡航歴がなく、修学旅行で訪れた奈良市か京都市で蚊に刺された「国内感染」とみられるという。 発表によると、2人は修学旅行で同じグループに所属し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング