首相、台風19号被災地を初視察、避難所訪れ激励

読売新聞 / 2019年10月17日 11時35分

安倍首相は17日午前、台風19号で大きな被害を受けた福島県を訪れ、被害状況を確認した。首相が台風19号の被災地を視察するのは初めて。 首相は、阿武隈川の氾濫で広範囲が浸水した同県郡山市の中央工業団地を訪れ、多くの企業が操業を停止している現状などについて説明を受けた。その後、同市の高瀬小学校に設けられた避難所で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング