抗争激化の中、山口組ナンバー2・高山受刑者18日にも出所

読売新聞 / 2019年10月17日 11時26分

国内最大の暴力団「山口組」の最高幹部・高山清司受刑者(72)(恐喝罪で服役中)が18日にも府中刑務所(東京)から出所することがわかった。山口組は、分裂した「神戸山口組」との対立抗争が続いており、警察当局は警戒を強めている。 高山受刑者は山口組のナンバー2で、篠田建市・6代目組長(77)と同じ2次団体「弘道会」(名古屋市)の出身。2010年に恐喝容疑で京都府警に逮捕され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング