河野防衛相、集団的自衛権の行使「宇宙でも地上と変わらず」

読売新聞 / 2019年10月18日 20時8分

河野防衛相は18日の記者会見で、宇宙空間での集団的自衛権の行使について、「宇宙でも(地上と)変わらない」との認識を示した。同盟国の衛星などが攻撃を受けた場合、存立危機事態と認定する可能性を示唆したものだ。 2016年3月施行の安全保障関連法では、存立危機事態と認められた場合、日本が直接攻撃を受けなくても自衛隊は相手国に反撃できる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング