「九段線」登場のアニメ映画、フィリピンでも上映中止

読売新聞 / 2019年10月19日 17時41分

【ハノイ=田中洋一郎】南シナ海で中国が歴史的権利を主張する「九段線」が登場する米中合作のアニメ映画「アボミナブル」が、ベトナムに続きフィリピンでも上映中止となった。中国との間で領有権問題を抱える東南アジアの国々で反発が広がっている。 フィリピン英字紙インクワイアラー(電子版)などは18日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング