堤防決壊「恐れ」周知も…長野市、住民に「発生」伝えず

読売新聞 / 2019年10月21日 21時23分

長野市は21日、台風19号による豪雨で千曲川の堤防が決壊した後、住民に決壊の情報を伝えていなかったことを明らかにした。 市によると、国土交通省千曲川河川事務所から13日午前0時半頃、越水や堤防決壊の恐れがあるとの連絡があり、エリアメールや防災無線で住民に周知した。しかし、堤防決壊後の同日午前6時過ぎに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング