セブン&アイ、大幅リストラに踏み切った背景 カリスマ経営者の「負の遺産」手放す

J-CASTニュース / 2019年10月21日 7時0分

国内流通業でイオンと並ぶ「2強」であるセブン&アイ・ホールディングスが打ち出したリストラ策が、波紋を広げている。2019年10月10日に発表したもので、百貨店の約3割を閉鎖し、総合スーパーの約2割を閉鎖や譲渡の対象とするなど、思い切った内容だ。併せて発表した同8月末までの半年間の連結決算は過去最高益を更新したものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング