写真

画像はイメージ

プロ野球の戦力外通告の第2次期間が2019年10月14日、開始された。第1次期間ではセ・パ12球団で76選手が戦力外通告を受けた。通告を受けて引退する選手、現役続行を希望する選手、球団から育成契約を打診される選手と、様々なケースがある。この中にはドラフト1位で入団した選手も多く存在する。今オフ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング