マダニ介したウイルス感染症が増加、3人死亡

読売新聞 / 2019年10月23日 18時12分

マダニを介して発症するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者の報告が増えている。国立感染症研究所(感染研)は23日、今年に入って13日までの報告が88人になったと発表した。うち、少なくとも3人が死亡している。2013年に統計を取り始めてから最多だった17年の90人に迫っており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング