生徒に「トイレのにおいする」、椅子引き転倒させる…講師謹慎

読売新聞 / 2019年10月24日 8時45分

熊本県立の特別支援学校で、副担任の男性講師(20歳代)が今年6月から今月にかけ、中学部の男子生徒1人の肩を拳でたたいたり、テープで手を縛ったりするなどの不適切な行為を繰り返していたことがわかった。 同県教育委員会や同校によると、講師は、教室のカーテンに隠れて周りから見えない状態で生徒の肩を拳でたたいたり、生徒が座ろうとした椅子を引いて転倒させたりした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング